10月11月コンサート情報アップ!

MPについて

人との関係で生きていく。人は他者に自分が何者であるかを教えてもらいながら生きていく。そんな思いを土台に、かつて光を照らされることなく、孤立していた若者たちが、今、その闇にいる若者へ光を届ける計画です。 「月あかりの学校(ムーンライトスクール)」をつくりたい。この計画の終着点です。人との関係で自分を知る。そして認める。人が光を当ててくれるから、私も光っていられる。でも、光が届かない場所にいる人は、どう輝けばいいのだろう。「そのまま」が許せない社会で「そのまま」放っておかれたら、どうなるのだろう。この計画の土台となっている、2008年に廃校に追いやられた埼玉県立浦和商業高校定時制、映画「月あかりの下で」でも紹介されたこの学校は、月の裏側にいた若者たちを、光の届く側に誘い出しました。「そのまま」の自らを引き受け、一歩踏み出す作法を伝えてきたのです。その取り組みを再びと考え設立したのがこの計画です。

代表理事 平野和弘

タイトルとURLをコピーしました